ブログパーツ レンタルCGI
TAKAさんの毎日が発見・ブログ
アマチュア無線の機器製作を中心にした日常の活動記録です (by Taka JA2GRC、このブログはFC2_BLOGを使わせていただいてます。)
≪07月   2017年08月   09月≫
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  
3.5inch Color LCD・その9
 文字が不完全ながら表示できる様になりましたので、不要なデバッグルーチンをコメントアウトしてそのまま進めていったら、なんと、そのまま、信号の波形が表示できる様になりました。
 画素描画やライン描画はまとめて修正しておいたので、それがそのまま生きた感じです。 デバッグ用のルーチンをコメントアウトした以外は何もしないで、いきなり波形表示が出来る様になってしまいました。 該当のアナログ入力端子にテストリードを繋いでみると、盛大に60Hzのノイズ波形が表示されます。

160130_3r5_color_lcd_45.jpg

 更に、スケッチを眺めていたら、このオシロスコープ用のスケッチは、2チャネル様に設計されているようです。 2.4 inch Color LCD の場合は、液晶パネルとのインタフェースに、Arduino のアナログ入力が使われていて、1チャネルしか余っていませんでしたが、この3.5inch Color LCD の場合はインタフェースがSPIで使用インタフェースピンが少ない上、Arduino Due にはアナログ信号線がたくさんありますので、いくらでも代替えとして使うことが出来ます。 そこで、パラメータを修正してみましたら、簡単に2チャンネルの同時表示ができる様になりました。

160130_3r5_color_lcd_46.jpg

 まだ、表示位置とか、表示色、さらには、チャネルの入力極性など、細かいところで気になるところは有りますが、とりあえず、このSEIKO EPSON のパネルでも表示が出来る様になりました。 前にも書きましたが、タッチパネルが前面に付いていない分だけ、表示が綺麗に見えます。

160130_3r5_color_lcd_47.jpg
コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
Template designed by アクセラと+αな生活

Powered by まとめ .