ブログパーツ レンタルCGI
TAKAさんの毎日が発見・ブログ
アマチュア無線の機器製作を中心にした日常の活動記録です (by Taka JA2GRC、このブログはFC2_BLOGを使わせていただいてます。)
≪05月   2017年06月   07月≫
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  
伊勢神宮
 昨日は、伊勢神宮まで初詣(まだ1月だからこれで良いか?)に行ってきました。
 今日も大変寒い一日でしたが、昨日も大変寒い一日でした。 しかも、今日の様にお陽さんが照っておらず、低い雲がたれ込め、重苦しい冬の一日という感じでした。 ただ、今日の様に風はなかったので、じっとしていると、じわ~っと冷えてくると言う寒さでしたね。 朝早く出て、現地には9時半頃到着しましたが、もう多くの参拝客で一杯です。 伊勢神宮は以前にも参拝したことがありますが、そのときは内宮だけでした。 今回は外宮と内宮、それに、近くにある猿田彦神社も参拝することにしました。 と言うことで、外宮は初めてですが、社殿はかなり新しく見えます。 更に、内宮と同じように直ぐそばに式年遷宮用の場所が確保されています。 と言うことは内宮と同じ時期に外宮も遷宮されるのでしょうかね? それで真新しい感じなのでしょうか?

160124_ise_jinnguu_01.jpg

 外宮は広大な本宮の周りに幾つかの別宮が有りますが、別宮でも結構立派な作りです。 しかも、どの別宮にも遷宮用の土地が横に準備されています。 本宮と別宮、全て、同時に遷宮されるのでしょうかね?

160124_ise_jinnguu_02.jpg

 本宮の前に、縄張りをしたこんな石が有りました。 何だか皆が手をかざしています。 いわゆるパワーストーンなのでしょうかね? 何もなければ、ただの石の様に見えますが。。。

160124_ise_jinnguu_03.jpg

 外宮とその別宮に参拝した後、内宮に向かう途中で、猿田彦神社にも参拝しました。 今年の干支に関係有るのでしょうかね? まあ、そうじゃなくても、結構、有名な神社みたいです。

160124_ise_jinnguu_04.jpg

 同じ境内の中に佐瑠女神社というのもありました。 神社だらけですね。。。

160124_ise_jinnguu_05.jpg

 これも、パワーストーンですかね? こちらは、手をかざすのではなく、なで回すと、ご利やくが有るみたいです。

160124_ise_jinnguu_06.jpg

 何だか、やたらとパワーストーンが多いですが、こちらの説明を見ると、宝船に見えるみたいなので、「たから石」と言うのだそうです。 宝船と同じご利やくが有るみたいですが。。。

160124_ise_jinnguu_07.jpg

 さて、やっと内宮に辿り着きましたが、まだ10時半頃です。 それでも、流石に内宮は外宮とは違って、大変な人出です。 1月も終盤になって、この人出ですので、元旦の頃はどれだけの人出なんだろうと言う感じですね。 内宮近くの駐車場はバス・タクシーのみで、自家用車は少し離れた駐車場しか近づけません。 伊勢市内の道路には沢山の交通整理の人が出て、交通規制もされていました。 さすが「お伊勢さん」ですね。

160124_ise_jinnguu_08.jpg

 我々の駐めた駐車場からは川沿いに行けば近道で内宮に行けるみたいですが、やっぱり内宮の参拝は、ちょっと大回りでしたが、五十鈴川に掛かるこの宇治橋を渡ってと言うところでしょうかね? 穏やかな五十鈴川の流れでした。

160124_ise_jinnguu_09.jpg

 宇治橋を渡って、参道を歩いていくと、綺麗に手入れされた神苑の脇を通ります。 やっぱり、この辺りは外宮とは格段の規模ですね。

160124_ise_jinnguu_10.jpg

 更に進むと手水(ちょうず)が有りますが、その脇には五十鈴川の畔に下りて、五十鈴川の流れで清めることも出来ます。

160124_ise_jinnguu_11.jpg

 しかし、まだ、10時半を過ぎたぐらいですが、この人出は凄いです。

160124_ise_jinnguu_12.jpg

 前回、参拝した時は式年遷宮の年で、遷宮の為の幕が張ってありましたが、今回は新しい正殿と、遷宮した後の空き地が見渡せます。 流石に神社の中の神社、大きいですね。 正殿の中も広大な敷地に幾つかの社が建っています。 正殿の中を参拝するには「伊勢神宮崇敬会」と言う団体に入会して、参拝する権利を入手する必要があるそうです。 皆さん正装されて中に入られています。 ちょっと軽い気持ちでは中での参拝は出来ないようです。

160124_ise_jinnguu_13.jpg

 さて、正殿での参拝を終えて戻る道も沢山の大きな木に囲まれています。 樹齢数百年以上はざらです。 高さは50m以上もあるでしょうか。 楠と杉が多いですね。

160124_ise_jinnguu_14.jpg

 内宮境内にも幾つかの別宮が有ります。 そしてその多くは、式年遷宮用の土地が脇にあります。 この別宮は参拝客が列をなしていました。

160124_ise_jinnguu_15.jpg

 内宮の前に参拝客目当ての門前町と言いましょうか、昔ながらの門前町の雰囲気を残して、建物は新しく造られた通りがあります。 ほとんどは、お土産屋さんに成っていますが、ここも大変な人です。 内宮は広いし、ゆっくり参拝したので、ちょうどお昼になりました。 ここで、名物の松阪牛のお昼を食べて、ゆったりとします。

160124_ise_jinnguu_16.jpg

 今回は朝早く出て昼過ぎには向こうを出たので、明るいうちに帰って来ることが出来ました。 帰り着いて足がちょっと疲れたなぁと思って歩数計を見ると、結構な歩数を歩いていました。 やっぱり、内宮の中って広いのですね。

160124_ise_jinnguu_17.jpg
コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
Template designed by アクセラと+αな生活

Powered by まとめ .