ブログパーツ レンタルCGI
TAKAさんの毎日が発見・ブログ
アマチュア無線の機器製作を中心にした日常の活動記録です (by Taka JA2GRC、このブログはFC2_BLOGを使わせていただいてます。)
≪06月   2017年07月   08月≫
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  
2.4inch Color LCD・その3
 こちらで、画像表示のスケッチが上手く動かなかったのですが、他のサンプルスケッチが上手く動いたので、一呼吸置いて、小容量のSDカードで試してみたら、何の問題もなく上手く動作しました。 やっぱり、大容量のSDカードには対応していないみたい。
 SDカードの規格を調べてみましたら、オリジナル(標準)のSDカードは最大容量が2GBで抑えられているみたいです。 これはファイルフォーマットをFAT(FAT16)を採用した事に起因しているみたいです。 最近は2GBを越えたSDカードが沢山出回っていますが、これはSDHCと言う規格に対応した物みたいです。 と言う事で、今更、2GB以下のSDカードを手にいれるのも何だかなぁ~と思って、色々思いつく所を探していましたら、有りました。 携帯に刺さっているSDカードが、ちょうど、その2GBでSD(標準)規格の物でした。

160114_2r4_color_lcd_09.jpg

 早速、このSDカードを携帯から引っこ抜いて、ここにサンプル・ビットマップ画像を書き込んで試してみましたら、上手く読み込んでいるみたいです。

160114_2r4_color_lcd_10.jpg

 デモの内容は、最初に全画面の画像を表示した後、小さい画像を重ね表示して、続いて、その重ね画像を90度ずつ回転表示していく物で、画質は320x240の液晶それなりの物です。

160114_2r4_color_lcd_11.jpg

 2GBのSDカードで上手く動いたので、念のため、もう一度32GBのSD(SDHC)カードで試してみました。

160114_2r4_color_lcd_12.jpg

 でも、やっぱり、32GBのSDHCカードでは駄目でした。 シリアルモニタのメッセージを見ていると、初期化の時点で既にエラーが出ていますので、多分SDHCカードは読み込めないのだと思います。 Arduino のSDライブラリが標準のSDカードしか対応していないのではないかと思われます。(ネットで調べたら、ArduinoのSDライブラリはSDHCにも対応していると書かれていました。 他に原因があるようです。)

160114_2r4_color_lcd_13.jpg

 今回使った画像はビットマップ(BMP)ですが、フルサイズでも200kB強ですので、標準のSDカードの最大容量2GBまで埋めるには8000枚以上の画像が必要ですので、まあ、通常の使い方では、SDHCを使う事は無いのですが。 でも、最近、2GB以下のSDカードって、あまり目にしませんので、見つけた時に手にいれておいた方がよいかも。

160114_2r4_color_lcd_14.jpg
コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
Template designed by アクセラと+αな生活

Powered by まとめ .