ブログパーツ レンタルCGI
TAKAさんの毎日が発見・ブログ
アマチュア無線の機器製作を中心にした日常の活動記録です (by Taka JA2GRC、このブログはFC2_BLOGを使わせていただいてます。)
≪09月   2017年10月   11月≫
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  
2.4inch Color LCD
 3.5inch Color LCD のコントローラなどを手に入れる時に、ついでに、2.4inch Color LCD を手に入れておきました。 3.5inch Color LCD の場合にちょっと手間取りましたが、何とか上手く動いたので、2.4inch Color LCD の方も動かしてみました。
 3.5inch Color LCD とコントローラはあまりポピュラーなものではありませんでした。 更に、母艦である Arduino Due もAVRではなくARMチップが使われていて、こちらも、あまりポピュラーではありません。 手元にあったパネルを何とか動かしてみたいとの思いで周辺を買いそろえてみましたが、ポピュラーではないだけ有って、サンプルスケッチも、あまり、ネットでは見あたりません。 一方、ついでに手に入れた2.4inch Color LCD は、Adafruit がオリジナルみたいですが、回路図や設計図が公開されて居るみたいで、沢山のコピー品が出回っていて、その分だけ、ネット上のサンプルスケッチも豊富に見つかりそうです。

 このパネル、サイズは2.4inchと、前のパネルよりも2/3ほどの大きさですが、パネルの解像度の方は同じ320x240で、パネル表面に抵抗センス型のタッチパネルがくっついています。 中華サイトから直接手に入れましたが、2個注文して、国内の通販サイトのものと同じぐらい安価に入手できました。 早速、動作を確認しましたが問題ないようです。 納期が掛かるので、急ぐものは無理ですし、それ以外に、国内サイトの場合は動作確認などの付加価値を付けているのかもしれません。 まあ、その辺りのリスクを自分で負うと言う考えならば、こちらで充分の様です。 

160111_2r4_color_lcd_01.jpg

 この液晶パネル、コピー品が多いだけ有って、コントロールチップも色々なものが使われています。 ものによっては、オリジナルのAdafruit のドライバやサンプルスケッチでは動かないものが有って、手直しなどで結構手こずっている内容がネットに上がっています。 今回手に入れたパネルの場合も、通販サイトの仕様にはSPFD5408コントローラが使われていることになっていましたが、実際に手元に届いたパネルはILI9341コントローラが使われて居るみたいです。 幸いに、オリジナルのドライバで、このコントローラが検出されて、その差異は吸収してくれて居るみたいです。 修正無しで動作したのはラッキーでした。

160111_2r4_color_lcd_02.jpg

 3.5inchi Color LCD の場合は、かなり手こずりましたが、今回はすんなりと、グラフィックライブラリのデモスケッチが動作しました。

160111_2r4_color_lcd_03.jpg

 消費電流は3.5inchi Color LCD の場合とほぼ同じぐらいです。

160111_2r4_color_lcd_04.jpg
コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
Template designed by アクセラと+αな生活

Powered by まとめ .