ブログパーツ レンタルCGI
TAKAさんの毎日が発見・ブログ
アマチュア無線の機器製作を中心にした日常の活動記録です (by Taka JA2GRC、このブログはFC2_BLOGを使わせていただいてます。)
≪07月   2017年08月   09月≫
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  
3.5inch Color LCD・その4
 SEIKO EPSON のサイトからダウンロードしたライブラリに付いていたサンプルプログラムがやっと動き出し、液晶パネルに綺麗な画像が表示される様になりました。
 最初はすんなり動かなかったので、サンプルスケッチにブレークポイント替わりのプリントアウト命令を入れて、シリアルモニタにどこまで進んでいるのか確認しながら試してみようと思ったら、なんと、最初の初期化ルーチンから戻ってきません。 一番危なそうだと予測していたのはパネルのダメージだったのですが、初期化ルーチンから戻らないとなると、これはパネル用のインタフェースシールドの問題ではないですか。 しからばと、シールド周りを色々触っていたら、なんかした拍子に突然動きだし、その後は安定的に動いています。

160110_3r5_color_lcd_20.jpg

 何だか分かりませんが不思議な感じ。 レジスタ・アクセス・テストプログラムを試してみましたが、ちゃんと読み出せているようです。

160110_3r5_color_lcd_21.jpg

 グラフィックライブラリのデモプロもちゃんと動いています。 綺麗な描画を見せています。

160110_3r5_color_lcd_22.jpg

 デモプロ動作時の電流ですが、それ程変化はありません。 200mAぐらいまではバックライトが消費して居ますので、残りの50~60mAが制御カードが消費している勘定になります。

160110_3r5_color_lcd_23.jpg

 シリアルモニタの表示も「意味ある」表示になっています。

160110_3r5_color_lcd_24.jpg

 さて、上手く動いたから良い様なものですが、何となく納得いかないし、スッキリしないので、色々試してみましたが、これと言った原因はハッキリしません。 ただ、色々な作業が複合して改善されたと言うところまでしか分かりません。

 動作がおかしな症状は、最初は、全く初期化ルーチンが通らないと言うもので、シリアルモニタには、最初の液晶初期化関数のところで止まっていました。 次に現れた症状は、一応、初期化ルーチンを通って、レジスタにアクセスしていますが、エラーで返ってくるものです。

160110_3r5_color_lcd_25.jpg

 で、一番疑わしい、フレキ接続部を洗浄液でクリーニングしてみました。

160110_3r5_color_lcd_26.jpg

 で、結局、結論から言うと、このクリーニングと、もう一つは、Arduino IDEからスケッチをアップロードした後のArduino Due にかかるリセットが上手く掛からないようです。 色々触ってみたので複雑な様でしたが、結局、この二つが重なっていたので複雑に見えていた感じがします。 電源を一旦落とした後は、リセットボタンを確実に押すと、ちゃんと動作するみたいです。

 ライブラリに同梱されている幾つかのテストプログラムを試してみましたが、こんなイメージも表示されていました。 とりあえず、これで、パネルは壊れては居なかったようです。

160110_3r5_color_lcd_27.jpg
コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
Template designed by アクセラと+αな生活

Powered by まとめ .