ブログパーツ レンタルCGI
TAKAさんの毎日が発見・ブログ
アマチュア無線の機器製作を中心にした日常の活動記録です (by Taka JA2GRC、このブログはFC2_BLOGを使わせていただいてます。)
≪05月   2017年06月   07月≫
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  
Transistor Curve Tracer・その3
 いよいよ、Transistor Curve Tracer を試してみました。
 結線が多そうなので、とりあえずバラックは止めて、パンチング・アルミパネルに固定して試してみました。(まあ、これでも、充分にバラックなんですが) 結線もクリップコードではなく、ちゃんと半田付けして見ました。

151210_transistor_curve_tracer_13.jpg

 ダウンロードした説明書では、ICをセットして、オシロを繋いで、オシロのレンジを設定して、いきなり電源を入れろとなっています。 もう少し、電圧を確認するとか、なんか有っても良さそうですが、ちょっと心配です。 まあ、それほど、ICの数も多くありませんし、こんな物でしょうかね? とりあえず、説明書通り、ICを差し込んで、オシロを接続し、レンジを設定して電源を入れてみたら、なにやら、それらしき波形が。 CH1=X軸は結構大きな電圧の三角波が、CH2=Y軸にはかなり低いレベルの階段状の波形が表示されています。 大丈夫そうですね。

151210_transistor_curve_tracer_14.jpg

 で、オシロをXYモードにすると、先ほどの波形がリサージュとして表示されます。 結構、ノイジーな波形です。 X軸、Y軸のポジションを調整して、それぞれの振幅を調整しますが、Y軸が結構低レベルです。 まあ、小信号のトランジスタを計測するわけですから、こんな物でしょうかね?

151210_transistor_curve_tracer_15.jpg

 ちなみに、100MHz帯域のアナログオシロで見てみたら、デジタルオシロのような、ツブツブ感は無くなりましたが、なんか、もう一つです。 レベルが低いので、ちゃんと同軸で繋いだ方がよいのかも?

151210_transistor_curve_tracer_16.jpg

 とりあえず、動いているようなので、あれこれ触って見ます。

 と、そんなことをしていたら、ヤフオクで「落」した電源トランスが送られてきました。 と言うことで、続きは、この電源トランスに交換して試験を続けることにします。
コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
Template designed by アクセラと+αな生活

Powered by まとめ .