ブログパーツ レンタルCGI
TAKAさんの毎日が発見・ブログ
アマチュア無線の機器製作を中心にした日常の活動記録です (by Taka JA2GRC、このブログはFC2_BLOGを使わせていただいてます。)
≪09月   2017年10月   11月≫
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  
プリンタ修理
 娘から、プリンタが印字しないとヘルプ要請あり。 その顛末。 ちょうど引っ越しと重なっていたので、運ぶときの衝撃でおかしくなったかとも思いましたが、どうもそうではなく、長い間使っていなかったので、インクが固まってしまった模様です。
 取りあえず、クリーニングのやり方とノズルチェックパターンの印刷を指示。 しばらくしたら、結果報告があって、どうも、顔料系の黒が印字しない模様。 それ以外の、染料系の黒やMSYは問題なさそう。 そこまで分かったところで、後日、現地に行ったときに確認することにしました。

 まずは、インクカートリッジを外して、プリンタヘッドを熱湯にしばらく浸けて、プリンタヘッドを洗浄してみました。 洗浄後、インクカートリッジをセットして、テストプリントしてみると、顔料・黒のノズルチェックパターンが綺麗に出たりかすれたりします。 綺麗に印字できるときがあると言うことは、ノズルが詰まっているのではなく、インクカートリッジからのインク供給に問題があるように見えます。 でも、インクカートリッジにはまだ充分インクが残っています。 インクカートリッジが詰まっているのでしょうかね? 残念ながら新しいインクカートリッジが無かったので、一旦、撤収です。

 で、改めて、新しいインクカートリッジと、ヘッドクリーニング液を準備して、娘の所に行くことにしました。 まずは簡単に、インクカートリッジを交換して見ることにします。 それで、改善しなければ、クリーニング液を使ってヘッドの洗浄をやり直してみることにします。

 インクカートリッジとヘッドクリーニング液はネット通販で手に入れておきます。

151202_printer_01.jpg

 で、娘の所に行って、まずは、インクカートリッジを交換したら、何のことはない、それで修復してしまいました。 結局、引っ越しの輸送で壊れたのでもなく、ヘッドのノズルが詰まっている訳でもなく、インクカートリッジがおかしかったみたいです。 それも、インクはまだ残っている表示になっていますし、軽く振って見たらインクは、まだ、だいぶ残っています。 インクカートリッジのインク供給口辺りが固まってしまった模様ですね。 持ち帰ってきたインクカートリッジには、まだ充分にインクが入っています。

151202_printer_02.jpg

 このインクカートリッジの丸い部分の、スポンジみたいな所の奥辺りが固まってしまったのかも? いずれにしてもヘッドが詰まっていなくて良かったです。 ヘッドが駄目になったら、ほとんどプリンタを買い換えるぐらいの費用が掛かりますからね。 取りあえず、この状態でしばらく使ってもらうことにします。

151202_printer_03.jpg
コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
Template designed by アクセラと+αな生活

Powered by まとめ .