ブログパーツ レンタルCGI
TAKAさんの毎日が発見・ブログ
アマチュア無線の機器製作を中心にした日常の活動記録です (by Taka JA2GRC、このブログはFC2_BLOGを使わせていただいてます。)
≪09月   2017年10月   11月≫
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  
個人番号通知カード
 がやっと届きました。
 まあ、番号の通知カードが届いただけですから、特段、どうっと言った事はないのですが。 全国的に配布が遅れているようで、大阪府は、その遅れている自治体のワースト3に入っているようです。 そんなんで、11月中に配布を終わるとしていたものが、12月中旬までずれ込むと発表したとたんに我が家に配布されました。

 遅れた原因は、印刷を担当している独立法人国立印刷局での印刷遅れに理由があるようですが、最後の尻ぬぐいに追われている郵便局はえらいとばっちりですね。 この独立法人国立印刷局はお札(日本銀行券)の印刷で有名ですが、その他、パスポートや切手、各種証券、証紙、法令などの高度な印刷技術を要するものを印刷することを業務として居るみたいです。 以前は財務省(その前は大蔵省)の印刷局だったみたいですが、独立行政法人の制度化によって、現在は法人格になっているようです。

151129_kojinbangou_01.jpg

 我が家には三人分の個人番号(マイナンバー)が届きましたが、連続番号ではなく、めちゃくちゃにバラバラな番号です。 総務省の説明によると、この個人番号は、11桁の住基番号をベースに特定の処理をして、はじき出された番号にチェック桁を1桁くわえて12桁にしたものみたいです。 固定電話の10桁の番号ならやっと覚えて居た桁数ですが、1桁増えて11桁になった携帯電話の番号は、未だに覚え切れていません。 それが12桁になると、もう覚えきれませんね。 電話の場合は、頭がゼロですから実質1桁少ない数字ですからね。 しかも、固定電話の場合ですと、市外局番までは固定で分かり易いですから。 携帯電話番号が覚えにくいのも、こうした市外局番みたいなものがないからでしょうね。

 個人番号通知カードには、個人番号カードの交付申請書がくっついてきましたが、個人番号カードの発行は様子見でしょうかね? 用途がどれぐらい広まるのかも不明ですし、下手に発行して、紛失したら危なそうなものですしね。 住基番号も結局はカードを作らずに終わりましたからね。 当面は運転免許証で大丈夫ですし、年とって、運転免許証を返納するような時になったら、発行してもらいますかね? まあ、とにかく、どんな使い方になるか様子見ですね。
コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
Template designed by アクセラと+αな生活

Powered by まとめ .