ブログパーツ レンタルCGI
TAKAさんの毎日が発見・ブログ
アマチュア無線の機器製作を中心にした日常の活動記録です (by Taka JA2GRC、このブログはFC2_BLOGを使わせていただいてます。)
≪07月   2017年08月   09月≫
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  
中華トランシーバ
 こちらを注文するときに、ついでに出てきた広告で、あまりに安かったので、ついつい、同時に注文してしまいました。 一緒に注文したのに、商品は別便で個々に送られてきました。
 相変わらず、「ゴミ袋」で送られてきました。 見るからに怪しげな包装です。 JPの配達員の方も「なんだろう?」って言う感じでしょうかね。

151111_chuuka_trv_01.jpg

 ゴミ袋の中は白い緩衝材でくるんだだけの、超簡単梱包です。 この端っこが出っ張っているところが、微妙に緩衝になって居るのでしょうかね? 右側のアダプタはなぜか同梱されていた物です。 ACアダプタの挿入ピンは、JA/USA仕様のものなんで、こんなものは必要ないのですが、場合によっては、中国仕様の丸ピン型のACアダプタが入っている場合もあるのでしょうかね? そんなアダプタが入っていたら、嵩張ってしょうがないですがね。

151111_chuuka_trv_02.jpg

 なかを開けると、これまた、超簡単な梱包です。 豆腐の入れ物のようなペラペラのプラスチック緩衝材に本体が収まっています。 所々、割れていますが、本体に異常はなさそうです。

151111_chuuka_trv_03.jpg

 一通りのオプションが付いて居ます。 小さなマニュアルが付いていますが、これを読めば、最低限のオペレーションは出来そうです。

151111_chuuka_trv_04.jpg

 で、充電しようと思って、チャージャーをセットアップしていたら、何か光る物が! よく見てみると、半田屑がACアダプタのDC側コネクタ部分にこびりついています。 半田付けしていて、ポタッと落ちてくっついたと言う感じでしょうか? 簡単に外せたのですが、流石「中華品質」です。 「品質検査パス」なんてシールが貼ってあっても信用なりませんね。 目視で簡単に見つかる物なんですがね。 ひょっとして、電気的品質には影響しない部分だから、本気でOKにしているのかも? でも、我が国基準では見た目の品質で即アウトですけどね。

151111_chuuka_trv_05.jpg

 手持ちのVX-1と並べてみました。 機能的には、ほとんど同じ仕様ですが、VX-1より一回り大きいです。 まあ、でも、触った感じでは、これぐらいの大きさの方が使い易いかも? VX-1は小さいですからね。

 ざっと触った感じ、感度はまずまず。 送信は当面できませんが、あれこれと、今風の機能が付いているので、付属のマニュアルを見ながら触っていますが、しばらくあれこれと楽しめそうです。

151111_chuuka_trv_06.jpg
コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
Template designed by アクセラと+αな生活

Powered by まとめ .