ブログパーツ レンタルCGI
TAKAさんの毎日が発見・ブログ
アマチュア無線の機器製作を中心にした日常の活動記録です (by Taka JA2GRC、このブログはFC2_BLOGを使わせていただいてます。)
≪05月   2017年06月   07月≫
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  
石清水八幡宮
 涼しくなってきて、汗もかかないようになってきたので、いつものあらかし公園の展望台から足を伸ばして石清水八幡宮までウオーキングに行ってきました。
 住宅街を抜けると、いわゆる八幡の竹林になります。 いつもながら、鬱蒼としていますね。

151006_iwashimizu_01.jpg

 春になると筍畑の様相になるのですが、今は、笹の葉っぱを敷いて整備している感じですかね?

151006_iwashimizu_02.jpg

 いつもより、倍ぐらいの距離を歩いて石清水八幡宮の南門に着きました。 平日なのに駐車場に沢山の車が止まっていると思ったら、ちょうど七五三の時期なのですね。 何組かの可愛いお子さんたちが親に連れられてお参りに来ていました。

151006_iwashimizu_03.jpg

 南門をくぐって本殿境内にはいると、工事中のビニールシートが見えます。 本殿の正面の一番良いところが工事中なんでしょうかね?

151006_iwashimizu_04.jpg

 修復工事で鮮やかな色に塗り替えられたばかりなのに、このビニールシートは残念ですね。

151006_iwashimizu_05.jpg

 何時も通り、本殿をグルッと回ってみます。 境内を取り囲んでいる塀は、信長塀と言って、織田信長が寄進したものらしいです。 瓦を平らに並べて漆喰でくっつけたもので、結構な厚さがあり、城壁並みの強固さです。 信長が参拝するときなどの為に、城と同程度の守りに作り上げたのでしょうね。

151006_iwashimizu_06.jpg

 奥の方には幾つかの末社が有ります。 この境内を取り囲む木はとんでもなく大きな木です。 優に五階程度の高さがあるのではないでしょうかね?

151006_iwashimizu_07.jpg

 神楽殿には幕が張ってありましたが、あいにく、巫女さんの踊りはやっていませんでした。

151006_iwashimizu_08.jpg

 帰りの参道脇の大きな木に変なものが縛り付けてありました。 この木からは沢山の白い蝋のようなものが染み出て固まって居ます。 蝋でも採って居るのでしょうかね?

151006_iwashimizu_09.jpg

 一番下の瓶のところに、なにやら、怪しげな液体が溜まっていました。 透明な液体で、蝋ではなさそうですね。

151006_iwashimizu_10.jpg

 帰る途中の見晴らしの良いところから、和歌山県境の山並みが見えていました。 いつもの、あらかし公園の展望台からとは、ちょっと角度が違っています。 石清水八幡宮まで行くと、いつもの倍ぐらいの距離で、1時間半ほどかかります。 さすがに良い運動になります。

151006_iwashimizu_11.jpg

コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
Template designed by アクセラと+αな生活

Powered by まとめ .