ブログパーツ レンタルCGI
TAKAさんの毎日が発見・ブログ
アマチュア無線の機器製作を中心にした日常の活動記録です (by Taka JA2GRC、このブログはFC2_BLOGを使わせていただいてます。)
≪09月   2017年10月   11月≫
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  
C++フォームアプリ
 C++の高速処理を使いたいけれど、ネイティブモードでフォームアプリを作るのは、ややこしそうなので、ちょっと躊躇していたのですが、フォーム処理の部分だけ、CLR機能を使った(と勝手に想像していますが)C++のWindows フォームアプリケーションの開発というのにトライしてみました。
 Visual Studio 2015 Community のC++では、このWindowsフォームアプリ作成用のテンプレートが無くなってしまいましたが、Visual Studio 2010 Express のC++では、この機能を使うことが出来ます。

150916_cpp_form_01.jpg

 VBやVC#などと同じように、フォームデザイナとツールボックスを使ってフォームデザインが比較的簡単にできます。 元になるC++ネーティブコードで作成されたプログラムとして、こちらのサンプルを使わせていただいて、これを、Windows フォームアプリケーションとして作成してみます。

150916_cpp_form_02.jpg

 フォームデザイナーで作成したコントロールからのイベント処理は、同じく、コントロールのプロパティから、必要なイベントに応じて処理の導入部分が作成されますので、この部分は、かなり楽に作成できます。

150916_cpp_form_03.jpg

 で、各イベントごとに簡単にメッセージを表示させるようなコードを書いてみましたが、非常に簡単に行けます。 これなら、C++でのフォームアプリも簡単に行けそうです。 多分、この部分は、人間が介在する処理ですから、そんなにスピードは必要ではありませんからね。

 さて、ここからが大変だと思いますが。 どこまで行けるか分かりませんが、とりあえず先に進めてみましょう。

150916_cpp_form_04.jpg
コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
Template designed by アクセラと+αな生活

Powered by まとめ .