ブログパーツ レンタルCGI
TAKAさんの毎日が発見・ブログ
アマチュア無線の機器製作を中心にした日常の活動記録です (by Taka JA2GRC、このブログはFC2_BLOGを使わせていただいてます。)
≪05月   2017年06月   07月≫
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  
調整ドライバ
 今日は二百十日みたいなんですが、今年は8月の内から台風がやってきていて、ちょっと盛り上がりに欠ける感がありますね。

 さて、それはそうとして、久しぶりに百均で良いものを見つけました。
 市販の調整ドライバも幾つか持っているのですが、工具箱の中に入れたりすると探し出すのが大変です。 だいたい、調整ドライバを使う局面というのは、組み立てが終わって、工具を片付け、机の上を整理して、心を落ち着けてから使う場合が多いので、工具箱の中に入れていると、また、工具箱を開けねばならず不便なのです。 それで、私の場合は、ペン立て(筆立て)にシャープペンやボールペンと一緒に入れています。 ところが、これが、意外とどこかに行ってしまうことが多くて、いざ、使おうと思ったときには見つからずに、やむなく、使いにくい普通のドライバで代用するというようなことをやってしまいます。 今現在も、ペン立てには調整ドライバが刺さっていません。 どこに行ってしまったのでしょうか?

 最近は、コアの調整をするというような事は少なくなってしまいましたが、液晶表示器のコントラスト調整用のトリムポットなんかを回すときは、やっぱり小さな調整ドライバが便利です。 そんなんで、百均をブラブラしていたら、久しぶりに「めぼしい」ものを見つけました。 タイトルはペン式ドライバーセットと書いてあります。

150901_chousei_driver_01.jpg

 金属製の精密ドライバもありますが、これは、プラスチック製で、ペン型に収納できるところが、ちょっと目新しいですね。 元々は、精密ドライバの代替え製品なんだと思いますが、先端のビット部分だけ金属で、あとがプラスチックで絶縁されているのを見て、すぐに思いついたのは、調整ドライバに使えそうだと言うことです。 調整ドライバは、絶縁型の方が安心できますからね。 入れ替えれば、プラスも使えますが、調整ドライバとしてなら、マイナス側だけで十分ですので、こちらに固定しておいて良さそうです。 ドライバの刃先が、1.5mmと3mmとなっています。 製品としての調整ドライバは、一番下の形状(HOZANのカタログより画像を借用)なんですが、これは、2~3本は買ったはずなんですが、行方不明で見つかりません。 しばらく、この、「代用」調整ドライバでしのいでみます。

150901_chousei_driver_02.jpg
コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
Template designed by アクセラと+αな生活

Powered by まとめ .