ブログパーツ レンタルCGI
TAKAさんの毎日が発見・ブログ
アマチュア無線の機器製作を中心にした日常の活動記録です (by Taka JA2GRC、このブログはFC2_BLOGを使わせていただいてます。)
≪05月   2017年06月   07月≫
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  
セキュリティチェック
 昨日、ちらっと記述しましたが、突然発生した、ブラウザの「不正なソフトウエア検出」騒ぎで、久しぶりに再開しようと思っていた「ものづくり」の出鼻をくじかれた感じです。
 結局「不正なソフトウエア」なのかどうか確定できていませんが、怪しかったのは事実のようです。 それも、昨日から始めようとした「ものづくり」に関わるアプリのダウンロード手続きに問題が有った疑いが濃いのです。

 ATTiny用のUSB Driver か、Si570 の制御用のCFGSR のいずれかをダウンロードし、インストールするときに操作を間違えた可能性が高いのです。 最近のフリーソフトは、なかなか素直にダウンロードさせてくれません。 個人のサイトからのダウンロードは比較的「素直」なんですが、「ウイルス対策が心配」と言うことで、最近は専用のダウンロードサイトにアップして、そこからダウンロードする様になっているものが多いですね。 ところが、このダウンロードサイトが「曲者」なんです。 日本のダウンロードサイトは、まだ「まし」ですが、海外のダウンロードサイトは特に「曲者」です。 目的とするアプリのダウンロード用ボタンは、小さく隠れていて、それ以外の、紛らわしいボタンがたくさんあるのです。 ただでさえ見つけにくい「正しい」ボタンに辿り着いて、押してみても、なんだか、また、別の紹介ページに案内されたりして、また、そのページの中で、「正しいボタン」を探さなくてはいけません。 まるっきりパズルの様です。

 更に、目的とするアプリを正しくダウンロード出来たとしても、今度は、そのダウンロードサイトの専用インストーラに組み込まれていて、インストール時に、よく見て「次へ進む」ボタンを押さないと、「有象無象」の変なアプリをインストールさせられる事になります。 ちょっと油断していると、不要なアプリをインストールしてしまい、アンインストールするのに手間が掛かってしまいます。

 こういったたぐいの「小判鮫アプリ」って、最近はブラウザ用のアドオンなんかが多いですね。 さすがに最近は無条件にインストールするものは有りませんが、大体はデフォルトでインストールする側にチェックが付いていたりして、インストール条件の同意文書なんかと間違えて「次へ」なんかを押してしまうと、間違えて不要のアプリをインストールしてしまう羽目になってしまいます。

 多分、今回もそんなたぐいだとは思うのですが、最初は「また、Chromeの設定が変わったのかな?」と勘違いしていました。 Chromeは結構頻繁に設定が変わって行くみたいで、アドオンなんかの設定も時々変わってしまっているときが有ります。 今回もそのたぐいかなと思っていましたが、どうも、今回に限っては、他のアプリのインストールミスだった可能性が高いです。 しかし、おかげで、Googleのセキュリティチェックのやり方が、ちょっとだけ理解できました。 結構大変なことをやっているのですね。

 最初に出くわした画面はこんな警告でした。 タブブラウジングしているいつものサイトの中の2つのタブだけこんな表示になっていました。 朝、起動したときには、ちゃんとブラウジングできていた、niftyのポータルサイトと、気象庁の天気サイトです。 確かに広告は多いですが、有名なサイトですし、こんなサイトの広告は大丈夫だと思っていたのですが。 まあ、マーケッティング用のものと、フィッシング用のものとは切り分けが微妙なところではないかと思うのですが。 最初は、Google が「きつめ」に設定したのかななんて気軽に考えていました。

130425_security_01.jpg

 どんなものだろうと思って、チェックされたサイトの詳細を見てみましたら、こんな感じでした。 Google のロボットサーチって、こんな役目も持っているのですかね? いやあ、ちょっと感心しました。

130425_security_02.jpg

 で、ホスティング先を更に見てみたら、こんな表示になっていました。 まあ、Google が「不正」と言っている基準がわかりませんが、なんだか「怪しい」事は確かなようですね。

130425_security_03.jpg

 それにしても、構造は単純ですが、二つ三つ先のホスティング先まで確認するとなると大変な作業ですね。 こんな中に紛れ込んでいたら、そりゃあ、見つけて「不正」と判断するのは「人間わざ」では無理ですね。

 幸い、今回のものは、すべて削除して、ダウンロードし直し、インストールしてみたら回復しましたので「事なき」を得ました。 しかし、危ないところだったかも知れません。
コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
Template designed by アクセラと+αな生活

Powered by まとめ .