FC2ブログ
ブログパーツ
TAKAさんの毎日が発見・ブログ
アマチュア無線の機器製作を中心にした日常の活動記録です (by Taka JA2GRC、このブログはFC2_BLOGを使わせていただいてます。)
≪07月   2019年08月   09月≫
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  
PMT_proj2・その43
 こちらの測定前になるべくスペクトラムの横軸の目盛りをエネルギー値に近づけようと思って、サウンドデバイスのボリウムを触ってみたのですが、どうもその挙動がおかしい感じだったので、改めて、ボリウムの効果を確認してみました。



こちらに、PMT(光電子増倍管) proj2 関連記事の目次が有りますので、他の記事もご覧ください。


 まずはWindowsのボリウムコントロールですが、Windows 7 からマニュアルのミキサーで設定したレベルだけではなく、アプリケーションから設定した値を設定できるようになったみたいです。 ボリウムコントロールを開いておいて、レベルをみながら、ベクモニをスタートさせると、ミキサー側で設定した値とは関係なく、ベクモニで設定した値が、ベクモニの動作中だけ設定されるみたいです。 この値は、ベクモニの動作が終了すると、元の値に戻るようです。

130329_pmt_proj2_185.jpg

 さて、そんなんで、ベクモニのレベルを順に1ステップずつ変えてみて、スペクトラムの結果をまとめてとってみました。 だいたい、レベルで19ぐらいなんですが、このあたりの変化がもう一つな感じなので、ちょっと時間がかかりましたが、1ステップずつ測定してみました。

 そうすると、どうも、レベル設定の1ステップずつでスムーズに変化していないようです。 Vol=15~16、17~18、19~24、25~26でそれぞれ、階段状に変化しているみたいです。 どうも、これが、前にボリウムの挙動がおかしいと感じた原因だったみたいです。 もっと広い範囲で変化を確認すればよかったでしょうが、結構時間がかかるのでこれぐらいで置いておきました。

130329_pmt_proj2_186.jpg
130329_pmt_proj2_187.jpg

 で、再度、VIA-VT1620Aの仕様書を読んでみると、マイク入力のボリウムコントロールは0~30dBとmuteとなっていますので、おそらく32ステップ(5ビット)で制御しているのでしょうね。 で、もし、dB単位なら、変化量もLogカーブなんでしょうね。 Windows側の制御は0~100となっていますので、すべての範囲で細かく制御するのは無理がありますね。 適当なところで階段状に制御しているのでしょうね。 これが、細かい設定ができない理由ですね。 本当は18~20辺りを細かく調整したいところなんですが。

 ほかのアナログ的な部分で調整しないとだめですね。 高圧で調整するか、ヘッドアンプの増幅度を変えるかですね。 それか、これぐらいにして、あとは、ベクモニの補正機能を使って合わせ込みますかね。

130329_pmt_proj2_188.jpg

 ところで、測定し終えてから気づいたのですが、ボリウムの効果だけなら、別にベクモニを通した測定をせずに、適当な信号を加えておいて、取り込んだ結果を確認してみればよかったです。 まあ、でも、最初はベクモニの処理も関係あるかと思っていましたので、通しでの測定になったのは仕方ないですね。
コメント
この記事へのコメント
うーん、、ドライバはたしかに6.0.1.2ですが、インストーラは0.2で・・。何かこれ用のアプリケーションが必要なのでしょうか?どう考えても、使えない機能が多いので困ります。96KHzfsが安定しているので、この用途には問題ないのですが。
2013/03/31(日) 18:35 | URL | utsunomia #-[編集]
Re: タイトルなし
ドライバのバージョンは6.00となっているのですがね。
本当は0.06なんでしょうか?(汗)
2013/03/31(日) 15:11 | URL | Taka (ja2grc) #-[編集]
VT1620Aのドライバがちょっと曲者で、PCからデバイス内部のボリュームを操作しているようなのですが、普通はPC側のソフトウェア内部でレベル調性です。VT1620Aのドライバ自体が「一応動作するレベル」なのではないか、と思います。カタログにある多くの機能が使えないのは残念ですね。
2013/03/30(土) 03:13 | URL | utsunomia #-[編集]
Re: タイトルなし
はい、そのように致します。
2013/03/30(土) 00:32 | URL | Taka (ja2grc) #-[編集]
おひさしぶりです。記事はいつも拝見させてもらってます。
わたしは去年の夏で実験は終了して、ベクモニも触っていないのでうろ覚えですが、入力レベルで細かい調整は無理なので、ざっと設定して、エネルギー校正で細かい設定をしたように記憶しています。
2013/03/29(金) 17:58 | URL | Hiroshi #7ocx2XIg[編集]
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
Template designed by アクセラと+αな生活

Powered by .