FC2ブログ
ブログパーツ
TAKAさんの毎日が発見・ブログ
アマチュア無線の機器製作を中心にした日常の活動記録です (by Taka JA2GRC、このブログはFC2_BLOGを使わせていただいてます。)
≪07月   2019年08月   09月≫
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  
バックアップ・その3
 こちらで、ディスク丸ごとバックアップをやってみましたが、どうも、納得がいかない動作でしたので、再度、バックアップをやってみましたら、今度はすんなりと行けてしまいました。 何が違うんだろう? 更に、謎が深まってしまいました。
 バックアップには結構時間が掛かるので、そう、おいそれとはテストが出来ないのですが、こちらの測定が、温度測定に入って、温度が安定するまで、結構時間が掛かるので、その間にバックアップのテストをやってみました。 温度測定の方は連続運転のサブパソコンの方でやっているので、その間はメインパソコンの方は再起動を繰り返しても特段の問題は無いのです。

 その後、ネットで色々の資料を読んだ限りでは、ブート時にはBIOSが認識するハード的なHDDの接続位置や機種の認識なんかも影響するみたいなんで、今回は、HDDの接続位置を変えずにテストしてみました。 前回は、ターゲットHDDをクローン化した後、ターゲットHDDをオリジナルHDDの位置に差し替えて再起動していましたが、これを止めて、そのままの位置で再起動する事にしてみました。

130306_backup_21.jpg

 まずは、2つのHDDの認識ですがこれは問題なく認識しています。

130306_backup_22a.jpg

 設定は大丈夫なので、いよいよ、クローン化開始です。

130306_backup_23a.jpg

 で、ここからが違っていました。 前回は、クローン化開始して暫く経ってから「再起動指示」が出て、その後はWindowsから独立した処理が行われてのですが、今回は、その「再起動指示」が出ずに、そのままWindows上で処理が続行されて、最後まで行ってしまいました。 トータル時間は前回より大幅に増えています。 ざっと1.7倍ぐらい掛かっています。 でも、Windows上で処理が続行されるので、やろうと思えば他の作業をする事も出来ます。 さて、何が違うのでしょうね?

130306_backup_24.jpg

 で、クローン化が終了して、まずはオリジナルHDDを抜き出し、クローンHDD(ターゲットHDD)はそのままで再起動してみます。

130306_backup_25.jpg

 そうしたら、何の問題もなく、ブートマネージャがクローンHDDから立ち上がりました。 そのままWindowsを起動すると、Windowsの方も問題なく立ち上がります。 何なんでしょうね? MBRもPBRもパーティションテーブルも問題なくコピーされた様に見えます。

130306_backup_26.jpg

 前回と違ったところと言えば、
 ・ターゲットHDDに真っ新のHDDを使った。
 ・HDDの挿す位置を変えなかった。
なんですけどね。 処理の状況からすると、前者の影響かなとも思うのですが、しかし、3時間弱の時間が掛かりますので、更に確かめるのは難儀な話になってきます。 まあ、次にバックアップする時に確かめてみましょうか。
コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
Template designed by アクセラと+αな生活

Powered by .