FC2ブログ
ブログパーツ
TAKAさんの毎日が発見・ブログ
アマチュア無線の機器製作を中心にした日常の活動記録です (by Taka JA2GRC、このブログはFC2_BLOGを使わせていただいてます。)
≪08月   2019年09月   10月≫
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  
JT9:ニューデジタルモード
 デジタルモードも「乱立」気味ですが、微少電力通信の源流であるK1JTさんより、新たなデジタルモードの提案がなされています。 まだ、テストバージョンと断られていて、一部の機能は実装されていないようですが、面白そうなので早速試してみました。 ざっと触ってみた感じは「素性」も良さそうで、JT65系の後継の主流になる要素は大きそうですので期待できます。
 簡単な説明書が付いて居ますが、1.8MHz帯以下のMF、LF帯用となっています。 おそらくは、帯域幅が狭い分、周波数精度の要求もきついのだと思います。 周波数精度(周波数変動)の条件さえクリアできれば、もう少し高い周波数でも問題なく動作するのではないかと思います。 特にJT65Aと同じ1分モードのJT9-1は、JT65Aに置き換わるのではないかと思う程の高性能なようです。 占有帯域がぐんと狭くなって居るのに、限界S/Nは返って向上しています。

 早速、テストバージョンをダウンロードして使ってみました。 WSJTのホームページのWSJT-Xのダウンロードの項目の所から、実行ファイルと簡単な説明書(PDF)がダウンロードできます。 インストールはProgram Files フォルダではなく、独立したフォルダ、例えば、C:¥WSJT-X 辺りにインストールする様に説明されています。 特に設定替えをしなければ、説明されたフォルダにインストールされます。 Program Files フォルダにインストールしても管理者権限などを設定すれば、上手くいくかもしれませんが、まだ、試していません。 とりあえず、テストバージョンは、指示通りにインストールしておく事にします。

 WSJT-Xの画面はこんな感じです。 画面のデコード結果はテスト用のwavファイルを読み込んだところです。 動作自体は問題なく動作しているようです。 対向テストなどはこれからやってみます。

 なお、今回から、従来の開発ツールに変えて、C++とQt frameworkを使って開発されている様で、プログラミングに興味ある向きには、よりオープンな環境になったようです。 ユーザーインタフェースもそれに応じて「現代風」になったようで、よりなじみのある「面構え」になりました。

 また、今回はテスト用のバージョンとして、JT9モードだけ実装されていますが、今後はこのタイプが主流になる様で、他のモードなども統合されて、この画面の形態がWSJTの主力になるようです。

121028_wsjt-x_01.jpg
121028_wsjt-x_02.jpg

 こちらは、同梱されていたwavファイルを読み込んだところですが、周波数占有の状況が良く分かります。 変調方式は、9-FSK、データ用に8トーンが使われているようです。 また、72ビットのメッセージエンコーディングはJT65系と同じだそうです。 この辺り、無線局の申請に細かく規定されている向きには、変更の必要が有るようです。 デジタルモードの進展は結構速いので、申請書には、この辺りをある程度幅広く包含する様に申請していた方が便利のようです。 その方が、自分も総通側も必要以上の手間が省けて省力化が出来るのではと思います。 もちろん、虚偽の申請は駄目でしょうが、許可が下りる範囲で幅広く包含する様な記述にしておくのは問題ないと思います。 包括免許制度になれば解決する問題なんですが。

 占有帯域と限界S/Nの関係は下の表のとおりで、従来のJT65と同じ1分モードであるJT9-1では、占有帯域がJT65Aの1/10以下であるにもかかわらず、限界S/Nは-27dBと、JT65Aより数dB向上しています。 更に、30分モードのJT9-30では占有帯域がなんと0.4Hzで、限界S/Nは実に-42dBと驚異的です。 この辺りは、現在、LF帯域でよく使われている、QRSS CW や DFCW に充分対抗できるのではないかと思います。

121028_wsjt-x_03.jpg

 こちらはセットアップ画面です。 先ほども述べた様に、設定項目の選択も「現代風」になりました。 COMポートの選択や、サウンドデバイスの選択などはずいぶん分かり易くなりました。

121028_wsjt-x_04.jpg

 モードの選択は、JT9のみで、1分モードから30分モードまで選択出来る様になっています。 また、デコード画面上で相手局コールサインをクリックすれば、メッセージ画面に取り込まれる辺りは、従来バージョンと同等なようです。

 今のところ、Log QSOボタンを押しても無反応で、Log QSO 画面が出てきません。 この部分はまだ実装されていないようです。 但し、Log ファイルは出来ている様で、中身を見た感じ、ADI形式に則っている様なので、Log QSO 画面が実装されれば、JT_Linkerはそのままでも使えそうな感じです。

 もう一つ、大きなバグが残っている様で、PTTをCOMポートに設定してTXモードにはいると、抜け出せない様で、Stop Tx ボタンを押してもTxモードから抜け出せない様です。 抜け出すには、アプリを終了させるしかないようです。 このバグは、メーリングリストでも話題になっていて、当面はVOXモードで動かすとうまく動くようです。 K1JTさんにしては、初歩的なバグなんですが、ひょっとしたら、他の抜け道が有るかもしれません。 まあ、明確な現象の出る物なんで、いずれ修正されると思います。

121028_wsjt-x_05.jpg

 幾つかの問題は残っていますが、いずれにしても、かなり期待の持てる、ニューモードです。 メーリングリストでもかなり話題になっていて、昨日、リリースされたばかりなのに、既にあちこちでテストされているようです。

【補足:2012.10.28】
 COMポートのバグ修正用の実行ファイルがメーリングリストに投稿されていました。 症状の発生するパソコンと発生しない物が有る様で、まだ、暫定的な物のようですが、テストしたところ、我が家ではうまく動作しています。 以下の置き換え用実行ファイルをダウンロードして、インストールされているwsjtx.exeと置き換えてから実行します。

 置き換え用実行ファイルのダウンロードはこちら。 WSJTのホームページより最新版をダウンロードしてください。

【補足:2012.10.30】
 頻繁にバージョンアップされている様で、上記のCOMポートのバグを修正した物が、WSJTのホームページにアップされています。 他の項目も含んだ改良が頻繁に加えられているようですので、ダウンロードは、WSJTのホームページから適宜行うのが良さそうです。

【補足:2012.10.31】
 本日リリースされた r2706では、以下の項目が改良されたようです。
・ゴーストの問題を修正。 信号が止まった後、もうワンサイクルウオーターフォールに表示される件。
・デコードに異常に時間が掛かる件の修正。 最近のPCならばほんの1~2秒でデコードは終了するそうです。
・バグが落ち着くまで、エラーメッセージ用のDOS窓を復活。
 バグと思われる時は、エラーメッセージを添付して欲しいとの事。 ついでに、save all に設定しておいて、
 .wavファイルも一緒に送って欲しいとの事です。

【補足:2012.11.01】
 r2706 ---> r2711 変更点。
・Decode メニューに depth を追加。 通常は Normal を推奨しますが、他も自由に実験してくださいとの事。
・1周期内での多重受信信号のデコードを改善しました。 マルチデコードではなく混信対策か?
・強い信号の処理を改善しました。

 ゆっくりしたドリフト信号の改善を含め、機能強化は進行中です。 問題点などを見つけてレポートしていただく時は、使っているバージョン番号を教えてくださいとの事です。
コメント
この記事へのコメント
Re: はじめまして
JH1GWUさん、コメントありがとうございます。

そうですか、21MHzでQSOされたそうで、周波数さえ安定して居れば
高い周波数でも問題ないですね。今度、21MHzをワッチしてみます。

サウンドカードとCOMポートの問題は当方では発生しておりません。
問題の状況をK1JTさんにレポートしてあげると喜ばれると思います。
2012/11/19(月) 18:33 | URL | Taka (ja2grc) #-[編集]
はじめまして
こんにちは
毎回、記事を楽しみにしております。
2011-11-18に、JA5BDZさんが21.076khzで、
JT9-1でCQを出していました。
JT65-HFのウオーターフォール見ていたら、
JT9-1と思しき帯域幅の信号を発見!!
慌てて、wsjtxをインストールして、受信して
みたら、JA5BDZさんがCQを出していました。
私ですが、TS-590+RIGblaster Advantageを
使っています。
wsjtx(最新)でも、COMポートを認識しません。
やむなく、VOX動作で送信して、無事QSO
できました。
それから、wsjtx、設定したサウンドカードを
ONにできませんね。
(Win7のスピーカーアイコンをクリックしても、
設定したサウンドカードが表示されない。)
仕方がないので、JT65-HFを起動したままで、
wstjxを使っています。
これだと、設定したサウンドカードを認識
できるようです。
21Mhzで、JT9-1試験運用中です。(笑)
では、またお邪魔させて頂きます。
73
2012/11/19(月) 14:19 | URL | JH1GWU #1/03cRss[編集]
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
Template designed by アクセラと+αな生活

Powered by .