ブログパーツ レンタルCGI
TAKAさんの毎日が発見・ブログ
アマチュア無線の機器製作を中心にした日常の活動記録です (by Taka JA2GRC、このブログはFC2_BLOGを使わせていただいてます。)
≪05月   2017年06月   07月≫
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  
パンケーキ管
 このところ、パンケーキ管と言うのを触っています。

 まずは、その動作確認をやってみました。



パンケーキ管の関連記事は以下にもありますのでご覧ください。
PIC Gate Pulse Gen : 関連する PIC Gate Pulse Gen の記事一覧です。
7segLCD + PIC : 関連する 7segLCD + PIC (ユニバーサルカウンタ) の記事一覧です。
PMT proj: 関連する PMT (光電子増倍管) proj の記事一覧です。

パンケーキ管 : パンケーキ管とは(基本動作確認)(この記事)。
パンケーキ管 その2 : SBM-20もどき。
パンケーキ管 その3 : 信号出力のばらつき。
パンケーキ管 その4 : ばらつきの分析。
パンケーキ管 その5 : プレパラート用治具の製作。
パンケーキ管 その6 : ヘッドアンプ実装図作成。
パンケーキ管 その7 : ヘッドアンプ実装。
パンケーキ管 その8 : アノード検出回路実験。
パンケーキ管 その9 : ヘッドアンプ実装し直し。
パンケーキ管 その10 : DC-DC部、高圧部を実装。
パンケーキ管 その11 : ヘッドアンプ、DC-DC部、高圧部の動作確認。
パンケーキ管 その12 : Arduino デュアルカウンタ製作。
パンケーキ管 その13 : チャネル間クロストーク対策。
パンケーキ管 その14 : テストラン、頻度分布。
パンケーキ管 その15 : パンケーキ管2個使い実験。
パンケーキ管 その16 : パンケーキ管2個用治具の製作。
パンケーキ管 その17 : パンケーキ管2個でのテストラン。
パンケーキ管 その18 : パンケーキ管の向きの影響を測定。
パンケーキ管 その19 : プレパラート用治具の改良。
パンケーキ管 その20 : 基板類の箱入れ。
パンケーキ管 その21 : プレパラート資料枠の作成。
パンケーキ管 その22 : 向きの差を長時間計測。
パンケーキ管 その23 : カリウム塩サンプル作成。
パンケーキ管 その24 : カリウム塩測定。
パンケーキ管 その25 : 測定時間の見通し。
パンケーキ管 その26 : カリウム塩(0.25g)測定のまとめ。
パンケーキ管 その27 : カリウム塩(0.25g、0.5g)測定のまとめ。
パンケーキ管 その28 : 重量測定誤差の推定。
パンケーキ管 その29 : プレパラート資料作り直し。
パンケーキ管 その30 : カリウム塩ムラの影響測定。
パンケーキ管 その31 : 作り直しサンプルの測定。
パンケーキ管 その32 : カリウム塩ムラの測定結果。
パンケーキ管 その33 : 長時間測定結果の分析。


 パンケーキ管と言うのはGM(ガイガーミューラー)管の一種だと思うのですが、その形状から来る名称だと思います。 まん丸くて平べったい、まさにパンケーキの格好をしたGM管をそう呼び始めたみたいです。 この丸い形状は、α線やβ線用に特別に作られた物みたいで、その片面が、α線やβ線を良く透過させる様にマイカの薄膜で作られています。 で、オリジナルは、こうした丸い格好なんですが、何故か、四角いやつでも、このα線やβ線用に、片面がマイカの薄膜で作られているものは「パンケーキ管」と言う様になったみたいです。

 動作確認したのは、ロシア製のパンケーキ管で、構造は4本のGM管を並べて、片面をマイカにした様な構造になっています。 使い方自体は、GM管の並列接続と同じで、全てを並列に接続しても動作するみたいですし、別々に取り出して処理すれば、それなりの高速処理が実現できるみたいです。

 とりあえずバラックでのテストには、既存のガイガーカウンタに繋ぐ為に並列に繋いでテストしてみました。 以前に作ったガイガーカウンタのGM管(SBM-20)を取り外して、その端子に、パンケーキ管のアノードとカソードを接続しただけです。 BGの値は、GM管4本を繋いだ格好になっている割には低めに出ています。 SBMー20に比べると長さ方向が半分以下ですから、中心に通っている線の長さにしてみると、パンケーキ館内の4本の中心線を併せてもSBM-20の2倍行くかどうかと言うところですので、こんな物でしょうか。

120901_pancake_01.jpg

 試しに、β線を沢山出していると言われているカリウム塩(減塩習慣)をマイカ窓に近づけて測ってみましたら、かなり激しく反応します。 SBM-20に近づけた時よりも大きなカウント数ですね。

120901_pancake_02.jpg

 一方、土壌サンプルも近づけてみましたが、こちらも反応はする物の、カリウム塩ほどには反応しませんでした。

120901_pancake_03.jpg

 ガイガーカウンタのCPMをデータロガーで記録した物です。 カリウム塩の反応が飛び抜けていますね。 SBM-20ではギリギリ感じる程度だったのですが、やっぱりβ線に対する感度は飛び抜けているようですね。

120901_pancake_04.jpg
コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
Template designed by アクセラと+αな生活

Powered by まとめ .