FC2ブログ
ブログパーツ
TAKAさんの毎日が発見・ブログ
アマチュア無線の機器製作を中心にした日常の活動記録です (by Taka JA2GRC、このブログはFC2_BLOGを使わせていただいてます。)
≪07月   2019年08月   09月≫
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  
PMT proj その67
 低ノイズ化対策の一つとして、USBタイプのサウンドデバイスを手に入れました。

 SDRをやっている時から気になっていたモデルですが、通販で目にしたので、ついポチッとやってしまいました。



こちらに、PMT proj 関連記事の目次が有りますので、他の記事もご覧ください。


 E-MUの0204と言うモデルなんですが、以前は0202と言うモデルで販売されていた物のモデルチェンジバージョンみたいです。 このレベルで192kHzで24bitの入力と出力が出来る物は少ないみたいで、それだけに、SDRをやる向きにはこれが人気なのでしょうね。 残念ながら日本では販売されていないみたいで、海外のサイト、ないしは、国内の輸入販売のサイトから手に入れなければなりません。 今回はamazonのサイトで検索したらヒットしたので、こちらから購入しました。 amazonが直接輸入しているのではなく、第三者の並行輸入業者がamazonのサイトを利用して販売している物みたいです。 まあ、それでも、全く知らない業者から購入するよりも、amazon経由なら若干安心感が有りますね。 それで、その業者にしました。

120822_pmt_proj_314.jpg

 製品はこんな感じで、今までのサウンドデバイスとちょっと雰囲気が違って、小さなオーディオアンプみたいな感じです。 後で述べますが、この手回しできるボリウム類が、ある意味、便利であり、ある意味、邪魔であるという感じもします。

120822_pmt_proj_315.jpg

 バックパネル側は6.5φのホーンジャックが主体です。出力側はミニジャックが付いて居ますが、入力側のミニジャックはマイク専用のモノラルだけです。 別のマイク入力はXLRコネクタがささる様になっており、少しだけ「プロの薫り」がしますね。 このXLRジャック、真ん中が6.5φのフォーンジャックと兼用になっていて、別の6.5φジャックと併せてライン入力になっています。 従って、ステレオのミニジャックで入力しようとすると何らかのアダプタが必要になってきます。

120822_pmt_proj_316.jpg

 底面を見てみると、こんなブロック図が貼り付けてあります。 昔の機械にはこんなのが良くキャビネット内に貼り付けてありましたね。 テレビとかラジオとかでも貼ってありました。

120822_pmt_proj_317.jpg

 中を開けるのはちょっと躊躇しましたが、誘惑には勝てずに、一応中を見てみました。 流石にCR部品がびっちり一杯ですね。 A/DやD/Aと見られるチップも並んでいますね。 ブロック図に依れば、24ビットのA/Dが2個、24ビットのD/Aが4個使われて居るみたいです。 D/Aの方はモニタ用の出力と、ライン用の出力と別のD/Aを使って居るみたいです。 あと、SOPタイプのチップ以外にBGAタイプのチップが使われていますね。 こうなってくると素人の半田ごてでは手に負えなくなってきます。

120822_pmt_proj_318.jpg

 先ほど述べたライン入力ですが、急遽こんなアダプタを作ってみました。 直接6.5φ用の接続ケーブルを作るよりも、こんなアダプタを作って、接続は全て3.5φのミニジャックで統一していた方が何かと便利だと思いましたので、3.5φミニジャックで受けるアダプタを作っておきました。

120822_pmt_proj_319.jpg

 ざっと使ってみた感じは「悪くは有りません」が、そんなに飛び抜けてすばらしいというわけでも有りません。
  ・ノイズが少ないというのは感じます。
  ・入力感度が高い。(LineとMicの切り替えが分からないのでMicのままだからかも?)
 「ちょっとなぁ」と言うところ。
  ・3.5φミニジャック入力が無いので、6.5φからのアダプタを作らなければならない。
  ・入力レベル調節がつまみで変えれるので、設定値があやふや。
  ・結構電力(消費電力は不明)を食って居るみたい。 ケースが暖かくなる。
コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
Template designed by アクセラと+αな生活

Powered by .