FC2ブログ
ブログパーツ
TAKAさんの毎日が発見・ブログ
アマチュア無線の機器製作を中心にした日常の活動記録です (by Taka JA2GRC、このブログはFC2_BLOGを使わせていただいてます。)
≪07月   2019年08月   09月≫
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  
PMT proj その65
 こちらの続きです。

 「くびれ」を求めて(汗)色々トライしていますが、上手くいかない原因の特定には至っていません。 上手くいっている例とどこが違うのだろう?



こちらに、PMT proj 関連記事の目次が有りますので、他の記事もご覧ください。


 こちらで気になっていた、時間経過での変化と、高圧を変えてみての様子を観察してみましたが、「これだ!」と言う決め手が見つかりません。 何せ、時間が掛かるので、少々「めげかけて」います。

 まずは時間経過の様子を取ってみました。 くびれている様に見えますが、たまたまな様にも感じます。 もう少し同じ条件で何度も観測して確実なところをつかみたいのですが、何せ、時間が掛かります。 5分、10分、30分、60分のデータです。 60分も測定すれば、ほぼ安定なギザギザの少ないカーブになりますね。 しかし5分のカーブが「くびれて」居る様に見えますが、たまたまの様な気がしてなりません。 ざっと見ている感じでは再現性が低い感じがします。 この辺りもう少し詳しく見てみます。

120817_pmt_proj_307.jpg

 こちらは高圧を変えての観察です。 ダイノード間電圧で2Vずつ、全体電圧では22Vずつ変えてみました。 まずは5分経過の各電圧での観測波形です。 先ほど再現性が無さそうだと言ったのは、この測定でそう感じたのです。 高圧が変わっていると言うことは有りますが、5分での観測波形が全てくびれが有る様にはなっていません。 それに、高圧を上げていくと、かなりノイジーになってきます。 チャネル辺りのカウント数が減っていくのでバラツキが目立ってくるのですかねえ。 最初の光電面で光子さえ捉えていれば、高圧を変えてもカウント数は変わらないからでしょうね。 有効カウント数が電圧を上げるに従ってやや増加している様に見えるのは、低いレベルのカウントが増加して居るみたいで、注目しているピークのカウント数はむしろ減っていく感じですね。

120817_pmt_proj_308.jpg

 こちらは、同じように高圧を変えた時の60分経過時の観測波形です。 ノイズっぽさは減っていますが、「くびれ」は駄目ですね。

120817_pmt_proj_309.jpg

 うむ~、この構成では限界なんだろうか? もう少し短時間での観測を繰り返してみます。 それと、ここにいたって、高圧のノイズが影響しているのではないかと気になってきました。 コッククロフト方式でノイズを軽減させるのはどのようにしたらよいのだろう?
コメント
この記事へのコメント
Re: タイトルなし
なるほど、了解です。

現役の時は、電話一本で持ってきてくれていましたがね。
個人的に頼んだことは有りません。 一度、試してみます。
2012/08/19(日) 18:24 | URL | Taka (ja2grc) #-[編集]
OPA140はTIからの無償サンプルです。
個人でもたまになら来ます。
あまり頻繁に請求すると来ませんHi
2012/08/18(土) 22:53 | URL | Hiroshi #-[編集]
Re: タイトルなし
Hiroshiさん、こんばんは。
やっぱりS/Nを良くすることですかね。

ところで、OPA140のデータシートを見てみましたが、なかなか良さそうなOpアンプですね。
簡単に入手できるのでしょうか?
2012/08/18(土) 19:48 | URL | Taka (ja2grc) #-[編集]
ご紹介ありがとうございます。きれいにくびれが見えてますね。
もう一度当方のデータを見直してみました。
前言を訂正します。

まず、
以前のPD5mmサイズの時のデータです。
http://dl.dropbox.com/u/2413643/spviewer/spviewer.html
くびれはないです。

その後アンプをOPA140に変えました。
さらに10mmサイズのPDに変えました。
さらに鉛遮蔽を強化しました。
その時のデータです。わずかにくびれが見られます。
http://postimage.org/image/gwxfyhn3x/

鉛遮蔽の効果ではなく(あるかも知れませんが)、PDを10mmサイズに変えたことやアンプの低ノイズ化が主要因だったのでしょうね。
2012/08/18(土) 12:41 | URL | Hiroshi #-[編集]
Re: タイトルなし
Hiroshiさん、こんにちは。

実例はこちらです。
http://www.rcweblinks.com/bellmeg/archives/7272
鉛遮蔽の土壌サンプルはかなり高い線量だと思いますが、下から2番目の画像は、
「遮蔽なし空間線量0.12uSv/hを8時間計測したもの」となっています。
2012/08/18(土) 11:28 | URL | Taka (ja2grc) #-[編集]
CsI 1ccではくびれはあまり期待できないと思います。
うまくいっている例がどのようなものか知りませんが、鉛遮蔽でバックグラウンドが少なくセシウムがもっと高線量なのかも知れません。
2012/08/17(金) 19:24 | URL | Hiroshi #-[編集]
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
Template designed by アクセラと+αな生活

Powered by .