FC2ブログ
ブログパーツ
TAKAさんの毎日が発見・ブログ
アマチュア無線の機器製作を中心にした日常の活動記録です (by Taka JA2GRC、このブログはFC2_BLOGを使わせていただいてます。)
≪08月   2019年09月   10月≫
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  
うるう秒
 今日はこれでしょうね。

 「60秒」と言う表示が見たくて待ちかまえていました。
 いつも太陽黒点の情報やNTPによるパソコンの時刻補正でお世話になっているNICTで60秒の表示を見ることが出来るというので、ページを表示して待ちかまえていました。

 日本標準時(JST)で、8時59分59秒の後に、本来なら9時00分となるところが、60秒が挿入されています。 パソコンの時計は、補正が間に合わなくて、そのまま、従来通り、9時00分となっていますね。 協定世界時(UTC)で言えば23時59分60秒ですね。 7月1日になる直前の6月30日23時59分59秒の後に1秒追加されています。

120701_leap second_01

 日の出、日の入りに関わる自然の動きを基に作られた時間が、もっと正確な基準が分かってくると、実は正確でなくずれていたと言うことで、両者の調和を取るために「苦肉の策」で設定された物ですね。 現在は大まかに言って、±0.5秒を超えない様に、閏秒の挿入や削除が行われる様に決められて居るみたいですが、過去に実施された閏秒は全て挿入だそうです。 すなわち地球の自転が段々遅くなっている状態ですね。 今のところ、3年に1回ぐらいの頻度で閏秒が実施されて居ますが、いずれ、年一回補正しなければならなくなり、さらには、もっと頻繁に補正しなければならなくなって、現在の時間体系の運用が厳しくなって行くみたいです。 まあ、我々の生きている内にはそんなことは起こらないみたいですが。 実際に、そんな事態になるとどうなるのでしょうね。

 こちらは、ついでなので、動画で捉えたNICTの画面です。 我が家のパソコンが0.1秒程ずれているのは、Windows内蔵の補正機構がもう一つなのと、ブラウザの表示にも少しずれがあるのだと思います。

コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
Template designed by アクセラと+αな生活

Powered by .