FC2ブログ
ブログパーツ
TAKAさんの毎日が発見・ブログ
アマチュア無線の機器製作を中心にした日常の活動記録です (by Taka JA2GRC、このブログはFC2_BLOGを使わせていただいてます。)
≪08月   2019年09月   10月≫
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  
金星の太陽面通過
 今朝起きたら、厚い雲。 先日の月食に続いてアウトかと思いましたが、テレビを見ると、広島では綺麗に太陽が見えています。 もしやと思ったら、こちら枚方でも、やがて雲が晴れて、金星の太陽面通過開始の時間には綺麗に見えました。
 日食の時に、レスキューシートで作った、減光フィルタで観測してみました。

 綺麗に金星の黒い丸が見えています。 金星は地球から見た時の大きさが、一番大きく見える惑星なんだそうですね。 実際の大きさは、木星なんかの方が全然大きいですが、なんせ、近いですからね。 太陽の直径の1/33の大きさに見えるそうです。

 太陽黒点もうっすらと見えています。 金星が真っ黒なのに対して、少し薄いですね。 朝の内なので、よく見るNOAAの黒点画像よりも45度ほど左に傾いていますね。 

120606_kinsei_01.jpg

 上の画像は、原画象からかなり縮小した画像なんですが、原寸で見るとこんな感じです。 金星や黒点は大きく見えますが、画像がかなりザラザラとあれた様に見えますね。 レスキューシートの特性なのでしょうかね? もちろん、フィルタを考慮して作られているわけではないので、蒸着面の均一性がいまいちなのでしょうね。

120606_kinsei_02.jpg

 時刻は違いますが、NOAAのサイトの黒点画像を見てみたら、金星が写っていました。 やっぱりシャープさが全然違いますね。 黒点の位置は、画像を45度ぐらい傾けると大体合っていますね。

120606_kinsei_04.jpg

 この金星の太陽面通過は結構長く掛かります。 10時30分頃でちょうど中間点辺りで、太陽面を抜け出すのは14時前になるそうです。 とりあえず、一番深く入り込んだ辺りまで観測して見ました。

120606_kinsei_03.jpg

 なお、別に作っておいた目視用フィルタを通して見てみましたが、確認するのはかなり厳しいです。 有ると言われれば、有りそうだぐらいの感じで、はっきりとは確認できませんでした。 減光量の問題があるのかもしれません。
コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
Template designed by アクセラと+αな生活

Powered by .